title_photo5.jpg

対馬海峡の特徴

kairyuu-tsusima.jpg対馬海峡(つしまかいきょう)は、九州と朝鮮半島の間にあり、東シナ海と日本海を連絡する海峡です。
水温が温かく、魚にとって好条件の黒潮が久米島沖で分岐して対馬海流として日本海側に流れます。
九州と朝鮮半島によって挟まれた対馬海峡には、多くの魚が集まり、それを求めて巨大マグロが回遊してきます。
まさに、巨大マグロ釣りには絶好のポイントであり、ヒラマサなどの他の魚種も豊富です。

狙う獲物と釣り方

釣り魚
大マグロ・ヒラマサなど

釣り方
ウインチやスタンディングにて主にふかせ釣り、泳がせ釣り、キャスティングで狙う。

エサ
イカなどの活き餌

タックルについて(クロマグロの場合)

クロマグロにトライするには、最低、下記のタックルがj必要になります。
各自、ご用意できない方もレンタル等がありますのでご安心ください。

リール
《PE20号を600m》+《ナイロン50号を150m》+《ハリスをフロロ60号15m位》を余裕で巻き込めること。
24V推奨

竿
100kgオーバーの巨大マグロを釣りのに十分な強さをもつ竿
ノットのコブ3mmが、トップおよび全てのガイドをスムーズに通ること。

ナイロンライン
50号150m
PEとフロロカーボンの間にクッションとして必要

ハリス
万鮪などの専用のフロロカーボンライン。
主に、40〜60号を仕様し、巨大マグロを釣るための特別な仕掛けが必要。
鮪EXがオススメ


太軸マグロ専用針

対馬へのアクセス

飛行機の場合
各地 ⇒ 「福岡空港」 ⇒ 「対馬空港」
※対馬空港より港までは、送迎いたします。
11:00時出船の場合は、福岡発 10:00分フライトで10:35分対馬着がベストです。
帰りは、対馬19:05分発で、福岡空港19:35着。その後、各地のフライトで帰宅。

フェリーの場合
「福岡」~「対馬」間を5時間
安い、しかもゆっくり睡眠がとれる、日帰りコースが出来ます
「博多」~「壱岐」~「対馬(厳原:いずはら)」

「ジェットフォイル」で時間短縮できます
 福岡~対馬間=約2時間

★九州郵船・092-281-0831

宿泊

対馬グランドホテル
〒817-0322
長崎県対馬市美津島町鶏知甲41-10
電話:0920-54-9100
http://www.tsushima-grandhotel.jp/index.html

タックルの送り先

  ●ホテル等にお泊まりの方は、そちらに送ってください。

  ●日帰りや宿泊先に送れない方は、ヤマト運輸 美津島営業所止
     〒 817-0322   長崎県対馬市美津島町鶏知乙   
                電話0920-54-2940

 ※注意 ヤマト止は、ヤマト運輸利用に限ります、佐川・郵パックはダメです。